RTX3000系(Ampere)GPUの投資回収@2021.01.10時点

Profit of Mining、収益、効率、投資回収 10_マイニング

2020/01/10現在のマイニングによる利益を元に、
どの程度で製品価格を回収できるか試算してみました。

効率の高い順に 3060Ti > 3080 > 3070 > 3090 のようですね^^
(昨日のブログでは、3080の方がよいと思う、と記載していたので訂正しますw)

表 RTX3000系(Ampere)GPUの投資回収見込み@2021.01.10、410万[JPY/BTC]想定

製品製品単価[JPY]利益[JPY/day]電気代[JPY/day]定格電力[W]想定電力[W]負荷率[%]差益[JPY/day]回収日数[day]
3060Ti56,00049410820018090386145
307068,0004949622016073398171
3080100,00080014432024075656152
3090200,00097918035030086799250

なお、上記の表を作るために利用したシミュレータは、以下の通りです。
 ※Nicehash Profitability Calculator
  https://www.nicehash.com/profitability-calculator

ただ、現状としては、GPUの供給量が少なく手に入りずらい状況が続いているため、
店頭に在庫がなかったり、1人1枚までの購入制限があり、大量購入は難しいですね。

ちなみに自分は、自作PCで余ったパーツでくみ上げたPCにGPUを搭載していますが、
GPUさえよければCPUやチップセット等々ある程度古くても足を引っ張ってなさそうです。
(Intel第3世代くらいのCPUの子もいますが、Intel第7世代と遜色ない印象)

将来的には、化石燃料ベースの電力ではなく、太陽光などのクリーンな電力で
マイニングしつつ、余生を過ごせたらいいなーなんて夢見ていますが、
数kWクラスのパネルとバッテリー単価を考えると相当回収が難しそうだ。
(電力の買取価格が下がっていくため、実需で使いきる方が得と判断)

コメント

タイトルとURLをコピーしました