NVIDIAがマイニング用途を警戒する理由。

Server Room、サーバルーム 10_マイニング

相変わらずGPUは品薄状態でRTX3000系は皆無。
2020年11月にリスクを承知でRTX3080を4枚買ってよかった^^
現状、RTX3080×4枚を長期的に使い続けるくらいしかできない。

さて、先日NVIDIA様がマイナー専用CMPの発表を受けて記事書きましたが、
GPU増産、ではなく別ラインナップにしてくる意図がくみ取れる記事が
出ていましたので紹介します。

 ※NVIDIA、売り上げ最高も もろ刃の仮想通貨ブーム
  https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2404Y0U1A220C2000000/

2017年末にBTCの暴騰し、マイニングもブームになったことでGPUが枯渇。
慌てて大量に追加生産したものの、マイニングブームが早々に下火に。
結果、大量の在庫を抱える羽目になり、消化に時間を要した、とのこと。

今回のマイニングブームも一時的なもので、増産した途端にBTCが暴落すれば、
二の舞、在庫の悪夢再来となるため、マイナー用の専用機を用意しよう、
という話なら、安直としか言いようがない^^

正直、マイニングブームが永続的に続いているならまだしも、
汎用性が低くてリセールバリューの悪いCMPなんか作っても売れず、
前回のGPU在庫よりも苦しい状況
になると思いますよ。ASICと同じ。

NVIDIA様…大丈夫ですか?w

コメント

タイトルとURLをコピーしました