Intelのブロックチェーンアクセラレータ

blockchain_accelerator 10_マイニング

最近IntelのGPU、Arcが話題ですがマイニングにも本腰を入れる模様。
 ※2022/2/23 ISSCC 2022で公開され内容を更新。
   マイニング効率:「40Th/sec、3600W」 ≒ 11.1[(Th/sec) / kW]
   @インテル、第1世代マイニングチップの仕様公開──第2世代はコードネーム「BZM2」

サマリ

・Intelが「ブロックチェーンアクセラレータ」なるものを2022年内に出荷する。
・ハッシュ関数SHA-256ベースのマイニング効率が従来のGPU比、1000倍以上
・持続可能性に重点、エネルギー効率重視で開発している。
・2022/2/20~28の「ISSCC 2022」発表予定。
 ※International Solid-State Circuits Conference:半導体業界最大級の国際学会

所感

・SHA-256のアルゴリズムはBTC、BCHなど主要ではあるが、ASIC利用が一般的。
 「GPU比」ではなく「ASIC比」で考えて、46.5 [(Th/sec) / kW]を超えるか次第
・現実、最新のASICの効率には劣ると推測するが、製品価格次第では有りかも。

・マイニング効率例:
 ■ASIC:Bitmain Antminer S19 XP の仕様(whattomainより)※130万円程度
  計算能力: 140 [Th/sec]
  消費電力: 3.010 [kW] 
   → 46.5 [(Th/sec) / kW]

 ■GPU:NVIDIA Geforce GTX 1080Ti(technical CITYより)
  計算能力: 1,427 [Mh/s] ≒ 142×10-5 [Th/sec]
  消費電力: 250 [W]   ≒ 2.5×10-1 [kW]
   → 5.7×10-3 [(Th/sec) / kW] ≒ S19 XP の 1/8000

・仮に最新のGPUのSHA-256性能が、「1080Tiの5倍」と仮定しても、
     5.7×10-3 [(Th/sec) / kW] × 5倍 ≒ S19 XP の 1/1600

  +α:マイニング効率がGPU比で1000倍になっても、ASICの6~7割かな
     5.7×10-3 [(Th/sec) / kW] × 5倍 × 1000倍 ≒ S19 XP の 2/3

参考記事

インテル、第1世代マイニングチップの仕様公開──第2世代はコードネーム「BZM2」
Intel、暗号資産マイニング市場参入 年内に専用GPU…リリース
whattomine ※Bitmain Antminer S19 XPの情報
technical CITY ※NVIDIA Geforce GTX 1080Tiの情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました